ムチウチ・首の痛み

ムチウチ・首の痛み

交通事故におけるむち打ちについて

交通事故におけるむち打ちについて

交通事故でむち打ちに見舞われるケースは決して珍しくはありません。
特に自動車が絡んだ交通事故の場合、むち打ちは多々見受けられます。むち打ちとはいわば首の捻挫です。追突により車の動的エネルギーが首にかかります。
他の部位の捻挫との決定的な違いとして、首の痛みだけではなく、他の部位に痛みが生じるケースがあることが挙げられます。なぜなら、首には頭と身体を結ぶ神経や血管が多く通っているからです。また、むち打ちは外見だけでは判断できません。他の部位の捻挫は該当箇所が大きく腫れ上がり、すぐに自分自身の目で確認できますが、首は自分の目で確認できません。また、目立った外傷がないことから「たいした症状ではない」と治療途中で自己判断し、治療を勝手に終えてしまう人もいます。
しかし、途中で治療を投げ出してしまうと、後遺症で悩まされることになります。

ちなみにむち打ちには
  • 頚椎捻挫型
  • 神経根症状型
  • 脊髄症状型
  • バレー・リュー症状型・根症状+バレー・リュー型
の5種類があり、それぞれ微妙に症状が異なります。

交通事故における首の痛みについて

交通事故における首の痛みについて

交通事故の後、首が痛くなる原因としては、むち打ちによる捻挫の痛みが挙げられます。
他の部位の捻挫同様、何もしなくとも痛みを感じる状態となり、動かそうものなら激痛に見舞われる状態です。
交通事故治療で首にコルセットを巻いている人の姿を多々見かけるのも、首を動かさないためのものです。

交通事故における手足のしびれについて

交通事故における手足のしびれについて

交通事故の後、手足がしびれるようになった場合、実はその原因は首にある可能性が高いです。
手足のしびれなので、手足に何らかの原因があると考えてしまいがちなのですが、首に大きな衝撃がかかることで、首を通る神経が圧迫され、しびれが生じている可能性が高いです。
首は頭と身体の通り道として、神経や背骨、血管など様々なものが通っています。そのため、大きな衝撃が加わることで、首だけではなく、神経に影響を受け、身体の様々な部分に悪影響を及ぼすケースがあります。

当院ならむち打ち・首の痛みを改善できます

当院ならむち打ち・首の痛みを改善できます

京都市左京区一乗寺にある当院では、むち打ちや首の痛みを改善できます。むち打ちや首の痛みは放置しておくと症状が悪化し、後遺症に悩まされる可能性があります。首は身体の中でもデリケートな部分であるため自己判断せず、診断・治療を受けることをおすすめします。また、整形外科でのCTでは異常無しと診断されたものの痛みや手足のしびれなど身体に違和感を感じている場合、一人で悩むのではなく、一度当院にお越し下さい。